tmuxの設定例(その2)

#tmux #dotfiles

見た目の変更

ウィンドウとペインのインデックスを1から始めるようにする.

set -g base-index 1
set -g pane-base-index 1

アクティブなペインの枠を目立たせる

set -g pane-active-border-fg red

prefixキーの変更

prefixキーを押しやすいキー(Ctrl-a)に変更する.

unbind C-b
set -g prefix C-a
bind C-a send-prefix

キーバインド

PREFIX Tabで次のパネルに移動する.

bind Tab select-pane -t :.+ # 次のペインを選択

PREFIX Shift-Tabで前のパネルに移動したいが,なぜか次の設定は反映されない.

bind S-Tab select-pane -t :.- # 前のペインを選択

vimのようにPREFIX pで貼り付けする.

bind p paste-buffer # ペースト

ペイン分割のキーバインドを覚えやすいものに変更する.

bind | split-window -h # 縦に分割
bind - split-window -v # 横に分割

copy modeのキーバインドをよりvimらしくする(vで選択開始,yでyank).

setw -g mode-keys vi # copy-modeでvi bindingを使う 
bind -T copy-mode-vi v send-keys -X begin-selection
bind -T copy-mode-vi y send-keys -X copy-selection